音楽は星で、キミと出逢えたなら。



DENSHI JISION 1st Mini Album 「理系デンシ」
3/6日発売、6曲入り1050円です。既に予約も可能です。
ぜひよろしくお願いします。

特設ページはコチラから。

新しいアルバムについて
個人的には想いが強過ぎて、何から書いたらいいかが分かりません。

ただ、星の数ほどの音楽が
街にも、インターネットにも溢れているなかで、
もしあなたが、ぼくたちの音楽を選んで聴いてくれるとしたら、
それはまごうこと無く奇跡であって、ぼくはこんなに嬉しいことはないのです。

そんなあなたが、少しでも前を向けるように、
ぼくは曲を書いたつもりです。

曲に込めた想いが届くように、
アルバムの解説企画の準備もしています。

もう少しだけ、お待ちくださいね。
それでは。また。
冬もあとすこし。風邪などひかないように、ね。

iPad対応ゲームアプリ「Machinarium」が素敵面白過ぎて泣ける。


明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。3/6にニューアルバムリリースします!
よろしくお願いします。特設ページはコチラです。

アルバムのことを語る前に、この前ふとAppStoreでアプリをザッピングしていて
すっごく素敵なゲームがあったので紹介した過ぎてたまらなくなったので、
自身のアルバムそっちのけでご紹介します。(笑)

「Machinarium」というiPad専用ゲームアプリ。
有料で450円でした、(2013年1月現在)

iTunesで探す。

もうそのセンスと作り込み、音楽の素晴らしさにただただ興奮と感動、6時間ほどぶっつづけでやってしまいました。次回作が1000円でも余裕で買いたいくらい。

トレーラー動画がこちら

ゲーム内容としては、基本謎解き&アドベンチャー。
ゼルダの伝説シリーズが好きな私としては、たまらなく面白かったです。
あと機械の設定とか、操作性とかはSFCのソフト「ワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノ」を思い出しました。
(知っているひといるだろうか・・・)

ゲーム難易度としては完全に”大人向き”です。
ただし行き詰まったらミニゲームをすればヒントをゲットできますのでご安心を。

世界観としてはメビウスとかフランスのBDぽいなあとか思ってプレイしてたんですけど、
制作はチェコ共和国に拠点を置く小規模な独立系ゲーム開発スタジオだそうです。
サイトも素敵なデザインでした。
http://amanita-design.net/

うーんそれにしてもクリエイティブ。右脳と左脳を同時に刺激される、なんともたまらんゲームでした。
iPad2以降お持ちの方はぜひ、遊んでいただきたいです。

ダウンロードはこちらから

次回記事でアルバムのこと、紹介します!

さよならぼくの2012年


クリスマスもいつの間にか過ぎて、あっという間に年の瀬です。うーむ、はやいなあ。

ということで、今年最後の記事更新です。このブログ、8月から始めて9記事目。
大体月2回更新ペース。うん、ちょっと少ないかもだけど、ぼくにしてはいいペース。
来年もこのくらい書けるようにしよう。

2012年はバンドメンバーが大きく入れ替わったり、
変化の大きい年でなかなか苦労も多かったですが、

その分、仲間も増えたり、なんと憧れの亀田誠治師匠に直接お会いできたり、
新たな出会いが多くあり、とても勉強になった年でした。

あんまり普段は言えないけど、本当にバンドメンバー、スタッフ、チームデンシのみんなの
お陰だと思ってます。みんなで作るって本当にいいよね。

この学園祭みたいなバンド、DENSHI JISIONを来年はもっともっと大きくしていこうと思ってます。
チームデンシももっと拡大したい。ひとまず1万人くらいにしたいな。
みんなも良かったら力を貸してください。

アルバムもがっつり打ち合わせ含め進めておりまして、正式な発表は1月中くらいにできそうです。
もう少々お待ちください。

最後にこの年末感にぴったりなRemix曲を仕上げましたので良かったら聴いてください。
wearer という素敵なバンドの名曲をRemixさせていただきました。

それと合わせて、ソロ曲も公開しました。
「コスモナウト」という曲で、新海誠監督の「秒速5センチメートル」からいただいたタイトルです。
今回ゲストボーカル”きなこ”を迎えてまして、今後も僕の曲にはきなこちゃんが
度々出てくるはずです。こちらも良かったら聴いてね。感想もTwitterなどでお待ちしてます。

新海誠さんの作品めっちゃいいですよねえ。僕のハートにキュンキュン刺さってきます。

こんな感じのRemix依頼/曲製作もお待ちしておりますので、興味のある方はフォームまでご相談くださいませ♪

それではみなさま、良いお年を。そして来年もよろしく。

子亀祭は宇宙1のイベントだった。


12/4 亀田誠治さん主催イベント『子亀祭』に出演させていただきました。
いつもライブに来てくださってる方、本当にありがとうございました。
みなさんのお陰で、思いっきりライブができたと思っています。

当日の様子は子亀祭ブログよりご確認ください。 ⇒http://kame-on.com/kogame/livereport.html

ライブ後には亀田さんとのインタビューがあり、なんとも貴重な時間をいただけました。
もっともっとDENSHI JISIONを、より良く、多くの人に届けたい。そんな思いがさらに強くなりました。

イベント当日は亀田さん以外にも素敵な出会いがたくさんありました。
誠屋のみなさん、運営側のエネルギーは、イベントの準備のときから伝わってきました。
対バンは全部観たけど、お世辞なしにみんな歌心があってよかった。
亀田ゼミのみんなは若さパワーが最高。みんな素直で素敵。キラキラしてた。
まさに12月4日渋谷BOXXで行なわれた、宇宙1のイベントだったんです。
あらためて、子亀祭、全ての関わってくださったみなさまに『ありがとう』を。

 

僕にはややこしいことはわかりませんが、音楽を聴くのが好きな人や、音楽を愛して止まない人がもっと音楽のそばにいられるような世界になるといいな、と思います。

なんだか最近は、音楽がパワーを無くしてる、そんな気持ちにさえなるよね。そんな世界に少しでも近づけるために僕は、僕の信じる音楽を演り続けます。


↑亀田ゼミのみんなと

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最近年の瀬ということもあって、来年の目標なんて考えたりもします。

ううむ・・・。

うん。来年は、もっともっと、『歌』に向き合いたいな、と思います。

『歌』は僕にとって、とてもむずかしい。音符やMIDIデータに現れない難しさがあります。だからこそ向き合う”価値”はあるんじゃないかと思ってます。単純に、歌もっと上手くなりたいしね。

2013年は”歌と向き合う” 決まり!よし!

 

さあ、年末は大阪でライブです!詳細は特設ブログよりチェック!

たこ焼きいっぱい食べるぞー!

 

亀田誠治さん主催イベント『子亀祭』にDENSHI JISIONが出演します。


こんにちは。

僕の所属するバンドDENSHI JISION
12/4(火)渋谷BOXXにて開催される、亀田誠治さん主催イベント『子亀祭』に出演いたします。

ナタリーさんでも本イベントをご紹介いただいています。(http://natalie.mu/music/news/79055

イベント開催に合わせてまして、

『亀の恩返し』Facebookページ上で

『キミと踊り明かそう朝日が昇るまで』が販売中です。
こちらもよろしければチェックください♪

モロに椎名林檎さんを聴いて育った世代のぼくとしては、
亀田誠治さんに直接お会いできるなんて正直信じられないのですが、
このような機会をいただけたということで、精一杯、想いの伝わるようなライブにしたいと思います。

ぼくが筑波大学の軽音サークルにいた頃、東京事変のコピーバンドをよくみかけました。
(ぼくはくるり、とかスーパーカー、スパルタローカルズ、とかコピーしてました。)

メンバーのまじめくんも同じサークルで東京事変のコピーバンドでキーボードを弾いていたのを覚えています。
そう考えるとなかなか人生とは不思議なものですね。

この『Web亀の恩返し』
音楽に育ててもらった亀田さんが震災後、

”こんな時代だからこそ、みんなに音楽を届けたい”

という想いから設立されたそうです。

亀田さんは音楽の力を信じていて、
日本における音楽という文化を愛し、そして現状を危惧されているのだなあ、と思います。
おこがましいとは思いながらもぼく自身この”想い”に非常に賛同させられます。

上で紹介した、「キミと踊り明かそう朝日が昇るまで」では
以前のバージョンとは異なって、震災後に以下の歌詞を付け加えています。

正体不明な 感情がおそって 支配されそうなんです
将来なんか 当たり前のように 不安だらけなんです
でも こんな世界でも 朝日はきっと昇るから

絶望のなかで、いかにひとすじの希望をみつけられるか、
が人生のような気もします。

ぜひ、12/4(火)ライブにお越しいただければと思います。

ご予約はコチラから

音源の視聴はコチラから

それでは、また。

Androidアプリ「ぼく、スマホ」の効果音製作をさせていただきました。


この度、Androidアプリ「ぼく、スマホ」の効果音製作をさせていただきましたので
ブログにてお知らせします。
このアプリはFuller株式会社から提供されている
メタボのおじさんを健康体にする育成ゲームを介してAndroid端末の動作環境を改善するアプリです。

Androidユーザーの方はぜひダウンロードして使用いただけると嬉しいです。
僕は、チンアナゴペンをはじめかわいいものが好きなのですが、

おじさん、なんとも絶妙なゆるさでかわいいですよ。

Fullerはつくば発の高専出身のエンジニア集団、
CEO渋谷さんと縁があってこの度ご一緒させていただくことができました。

何度も秋葉原&つくばでデザイナーの櫻井さんとミーティングを重ね、
作り上げた、こだわりの効果音となっております。
効果音をつけることは
“おじさんに命を吹き込むことと同じくらい大切だ”という
気持ちで製作にあたらせていただきました。

おじさんは更に進化を続けていくのでどうぞこれからも
おじさんをよろしくお願いします!

音に関わることならなんでもマルチにこなします。
お気軽にご相談お待ちしてます。
ご相談はコチラ

・楽曲提供
・効果音製作
・Remix
・DJ
・ライブ
・弾き語り

過去の作品はコチラ

DENSHI JISIONライブ/半年経って


10月13日はDENSHI JISIONのライブでした。
「Death Co. Birth」
「TOKYO BOOTLEG vol.35」
のダブルヘッダー。

どちらのイベントもそれぞれの色に輝いたように思えます。

TOKYO BOOTLEGは
その日のMCでも触れましたが、
以前から出演したかったイベントです。

なぜなら、このイベントを通じて
出会った大切な仲間たちがたくさんいるからです。

そんなイベントに、自分自身演者として関われたこと。
夢のような時間でした。

ライブの様子はYoutubeにアップしていますので、
どうぞ閲覧下さい。⇒コチラ

レジデントDJ SMYLEさんもブログにて
DENSHI JISIONについて触れてくださっています。

2012年4月よりメンバーが入れ替わり、
DENSHI JISIONは生まれ変わりました。

それから約半年、
チームデンシには新たな仲間が加わり、手前味噌になりますが、
DENSHI JISION バンド自体はさらなる成長しています。

一度折れた骨は、治るときに前より強くなる

といわれます。

そんな喩えがぴったりとはまるように、
よりよいパフォーマンスと楽曲を目指して、
日々研鑽を重ねていきたいと思います。

年末・年始には多くのライブを計画しています。
まだ、言えませんが、すごく大切なライブもあります。
発表を、楽しみに待ってもらえると嬉しいです。

これからの季節は湿度が低いので、
PCでの楽曲製作には都合がいいんですが、
乾燥で喉を痛めやすいのでなかなか悩ましい所です。
マスクが手放せなくなりそうだなあ。みなさんも風邪には気をつけて。

では、また。

Mountain Lionでオーディオインターフェイス使う際の注意点


普段ぼくはDJ機材に
MacbookPro とTrackor Proに
オーディオインターフェイスにAUDIO KONTROL 1
を使用しています。

先日、Mountain LionにOSをアップデートしたのですが、
オーディオインターフェースのアウトプットにノイズがのり、相当焦りました。
ハード面の故障かと思いましたが、ドライバをアップデートし、解決しました。

以下URLより、最新のドライバ(β版)をダウンロードできます。

http://www.native-instruments.com/jp/support/online-help/compatibility/mac-os-x-compatibility/

まだまだDTM 系はMountain Lionに完全対応できていないので、
ミュージシャンの方々はくれぐれもアップデートする際は要注意ですね。

オーディオインターフェイスに急に異常が生じた場合はハード面の故障と思う前に、
OSの対応を確認する、という良い教訓になりました。

次のDJは
10/6(土)筑波大学園祭

次のDENSHI JISIONライブは
10/13(土)渋谷club asia
11/15(木)新宿MARZ

詳細⇒http://denshi-jision.info/blog/category/live/

です。よろしければ足をお運びください。

筑波大学学園祭ライブにDJとして出演します。


詳細はコチラから
出演陣もDEDE MOUSEさん、エイプリルズさん、Mop of Headさん、ととても豪華ですね。

エイプリルズさんも筑波大出身バンドの先輩ということで今からお会いするのが楽しみです。

つくばは僕にとって6年間住んだ第二の故郷。
母校のイベントに関わることができて、とても嬉しいです。
DJとして筑波大学をテクノポップに染めてこようと思います。

お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

チケット購入は以下からお願いします。

筑 波大学学園祭ライブ~音楽と映像の融合~

DENSHI JISIONライブと星原喜一郎くん


 

※HomePage新設にあたりブログ移転しました。
前ブログはコチラから→http://yoshidashigeru.seesaa.net/

8/29新宿MARZにてDENSHI JISIONのライブでした。

平日なのにもかかわらず、遊びに来てくださったみなさん、
ありがとうございました。
たくさんの人が来場してくださって、勇気になりました。

ライブの様子はFacebookに掲載されてます。
ちょこっと抜粋、

 

 

対バンした midi science
ライブ後だったのでじっくり観れたのですが、
素敵でした。インストっていいなあ。
機会があったらなんかコラボしてみたいな。

今回お世話になった新宿MARZでブッキング担当しているのは
星原喜一郎くん。ぼくの大切な友達のひとりです。

彼との出会いはDENSHI JISIONのつくばでの企画にオファーしたのが
はじめてだったっけな。
DJとして全国各地各所とびまわって精力的にがんばってます。
彼のDJは、彼らしくて、音楽愛にあふれていて、僕はとてもすきです。
聴いていて、気持ちいいんだよなあ。

 

星原くんは、NewAction!
というDJ+バンド+Food+VJのイベントを主宰してます。
とっても楽しいイベントですし、ぼくも時間を見つけては遊びにいくので
ぜひみなさんも足を運んでみたらいかがでしょうか。
きっと新しい音楽や楽しいひとたちに出会えますよ。

 

 

DENSHI JISION秋以降の動きも決まりつつあります。
またお知らせしていけたらと思います。

夏はあっという間に過ぎ去りますね。かなしいくらいに。
ぼくはこの夏、ガリガリくん梨味をたくさん食べました。

それでは、また。