スクリプト・ラボラトリー開催にあてて〜歌詞作りの極意〜


 

 

クレオフーガさんのリニューアルに合わせて、
ボーカロイドGUMIとコラボしての歌詞募集企画「スクリプト・ラボラトリー」がスタートしています。

このような場を与えていただいたクレオフーガ西尾さん、山口さん、
株式会社インターネットさま に心より感謝申し上げます。

ボーカロイドとバンドがコラボして歌詞募集。何気に世界初の試みですよ。
歌詞も続々と集まってきておりまして、非常に盛り上がってきています。
いただいた全ての作品にじっくりメンバー全員、目を通します。

さて今回のスクリプト・ラボラトリー
ぜひ、歌詞を書いたことの無い人にも参加して欲しいと思っています。

そのために歌詞作りの極意を授けます。
それは・・・・

文字数を合わせること

以上です。本当にそれだけ。
今回のデモ音源にラララで入っている所に文字数を合わせていれていきます。
(※デモ音源は下記です。)

例えば冒頭で

ラーララーララーラー

とありますから6音ですね。
6音の言葉をそこにあてはめればOK。

例えば、

おーもちーたべーたー

とか、

こーまをーまわーそー

とか何でもOKなわけです。(採用するかは別ですが・・・笑)
英語だと1音に1単語のせることもできます。たとえば、

I Love You ,Foever.

みたいな感じで。とにかく自分で歌いながらやってみると上手くいくと思います。

もちろん様々な作詞本が出版されていたり、
様々なテクニック、メソッドが用意されていますが、
はじめて作る方はあまりその辺りは気にせず自由に作って欲しいです。

今回のスクリプト・ラボラトリー開催にあたり、
あらためて自分なりに楽曲における歌詞の役割とは何なのだろう?と考えました。

僕なりに分析をすると、

歌詞をつける=メロディの言語化。

歌詞をつけることによって、
楽曲にアレンジやメロディだけでは伝えられない情報を付加することができます。

アレンジとメロディだけでは雰囲気しか表現できなかったものが”言語化”されるわけですから、
その変化はとても大きいと言えるでしょう。

その曲の世界観を決定つけることもできるし、
大きな感動を与えたり、もちろん台無しにもできます。

僕がヘビーリスナーである「バナナムーンGOLD」の1コーナー、
「ヒムペキ兄さん」でも歌詞の偉大さを知ることができます。
名曲を笑いに変える、ある意味台無しにしたりもしていますが、
毎回、手を替え品を替え様々なアイディアに感動すら憶えます。
ぜひみなさんも放送を聴いてチェックしてみてください。
(正確には歌詞だけでなくアレンジや展開も変化を加えたりしています。)

スクリプト・ラボラトリーとは和訳すると「歌詞研究所」という意味です。
歌詞が曲に与える影響や、
どのような歌詞が自分は好きなのか、
自分の好きなアーティストはこういう歌詞を良く書くなあ、など
今回の企画をきっかけにいざ自分で歌詞作ってみると、もっともっと自分の好きなアーティストのことが分かってくると思います。

そうすると、普段から聴く音楽の歌詞を気にして聴くようになるし、
自分の好きなアーティストからのメッセージをより深く受け取れるようになって
もっと音楽を聴くのが楽しくなると思います。
今回のスクリプト・ラボラトリーがそのようなきっかけになってくれればとても嬉しいです。

これで歌詞作りの楽しさを覚えたら、
ぜひ僕たちにメッセージをください。絶対第二回開催しますから。

〆切は2/8。みなさんの参加をお待していますね。