音楽は星で、キミと出逢えたなら。



DENSHI JISION 1st Mini Album 「理系デンシ」
3/6日発売、6曲入り1050円です。既に予約も可能です。
ぜひよろしくお願いします。

特設ページはコチラから。

新しいアルバムについて
個人的には想いが強過ぎて、何から書いたらいいかが分かりません。

ただ、星の数ほどの音楽が
街にも、インターネットにも溢れているなかで、
もしあなたが、ぼくたちの音楽を選んで聴いてくれるとしたら、
それはまごうこと無く奇跡であって、ぼくはこんなに嬉しいことはないのです。

そんなあなたが、少しでも前を向けるように、
ぼくは曲を書いたつもりです。

曲に込めた想いが届くように、
アルバムの解説企画の準備もしています。

もう少しだけ、お待ちくださいね。
それでは。また。
冬もあとすこし。風邪などひかないように、ね。

iPad対応ゲームアプリ「Machinarium」が素敵面白過ぎて泣ける。


明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。3/6にニューアルバムリリースします!
よろしくお願いします。特設ページはコチラです。

アルバムのことを語る前に、この前ふとAppStoreでアプリをザッピングしていて
すっごく素敵なゲームがあったので紹介した過ぎてたまらなくなったので、
自身のアルバムそっちのけでご紹介します。(笑)

「Machinarium」というiPad専用ゲームアプリ。
有料で450円でした、(2013年1月現在)

iTunesで探す。

もうそのセンスと作り込み、音楽の素晴らしさにただただ興奮と感動、6時間ほどぶっつづけでやってしまいました。次回作が1000円でも余裕で買いたいくらい。

トレーラー動画がこちら

ゲーム内容としては、基本謎解き&アドベンチャー。
ゼルダの伝説シリーズが好きな私としては、たまらなく面白かったです。
あと機械の設定とか、操作性とかはSFCのソフト「ワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノ」を思い出しました。
(知っているひといるだろうか・・・)

ゲーム難易度としては完全に”大人向き”です。
ただし行き詰まったらミニゲームをすればヒントをゲットできますのでご安心を。

世界観としてはメビウスとかフランスのBDぽいなあとか思ってプレイしてたんですけど、
制作はチェコ共和国に拠点を置く小規模な独立系ゲーム開発スタジオだそうです。
サイトも素敵なデザインでした。
http://amanita-design.net/

うーんそれにしてもクリエイティブ。右脳と左脳を同時に刺激される、なんともたまらんゲームでした。
iPad2以降お持ちの方はぜひ、遊んでいただきたいです。

ダウンロードはこちらから

次回記事でアルバムのこと、紹介します!